よだきいブログ

日記のコピペ

スカートを履きたくなかった

この記事をシェアする

女子はスカート、に反抗

小学校は私服で、中学校に上がるときに制服を着るようになった。でも、着る前にごねた。かなりごねた。

「スカートを履きたくない!」

学ランがいいとか言ってた。いくら制服とはいえスカートを履くのが本当に嫌だった。

むかし着てた服

ズボンしか履いたことがない。長ズボンと七分丈と短パン。短パンって言っても、ショートパンツじゃなくてハーフパンツ。可愛い服は持ってなくて、どこか野暮ったい感じだったと思う。
髪は短かったので、男の子だと思われたこともある。ランドセルは赤だったから、それで判別されたこともあった。(すれ違いざまに、男かと思ったって言われて凹んでいた)

フリフリのものとか、柔らかそうなシフォン素材のものとか、ピンク色とかレモン色とかの可愛らしいものを身につけたことはなくて、かと言って嫌悪感があるわけでもなく、ただ敬遠してた。似合わないだろうから、意図的に避けた。

おばが従姉妹とおそろいになるワンピースを買ってきたときは迷った。着たほうが喜ばれる。そのときは着た。あまり出番がないまま、入らなくなってしまった。

中学からは学校指定のジャージにTシャツかプレイボーイのジャージ。高校までそんな感じだった。

いま着てる服

大学生になって、夏に骨格診断に行った。誤解を恐れずに言えば、似合う服診断。ほんとは服だけじゃなくて総合的なファッション。女の子らしい服が似合うと言われた。信じられなくて、戸惑ったけど、勇気を出してスカートを買ってみた。すごい楽。もう少し勇気を出して、ワンピースも買ってみた。こんな楽な格好があったのか。びっくり。

小学生の自分に教えてあげたい。ワンピース、めっちゃ楽だよ。