ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

2019/04/04

この記事をシェアする

揚げると美味いもの。

揚げ物は結構めんどくさいので、外食したときだけ食べる人も多いと思う。それかお惣菜とか。
自分ではやらないけど、お店に行くと「こんなものを揚げるの?」といったような、意外なものが見つかるときがある。

今日は「うに」を揚げたものを食べた。正確に言えば、うにを海苔で巻いたものを揚げたうに天である。
うにの水分は完全には飛ばされてはおらず、噛みごたえがある。しかもあったかいので新感覚。
醤油も美味しいかもしれないけど、レモンや塩で食べると本当に美味しかった。びっくり。

以前は「かき」を揚げたものを食べたこともある。
フルーツの柿である。
居酒屋のシメに、デザートとして出されたもので「かきを揚げたやつだよ」と言われて「牡蠣」だと思っていたら「柿」で度肝を抜かれた逸品である。
これも暖かいので不思議な感覚。そして甘みが増幅されている。こんなに甘い柿は初めてって全人類が思うくらいに甘い。

揚げると美味いものはもっとほかにもあるはず。探していきたい。