ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

街はイルミネーション 君はイリュージョン

この記事をシェアする

夢で逢えたら

強烈な夢を見た。夢の中で、サミュエル・L・ジャクソンに会った。場所は青い照明のバーで、彼は赤と白のギンガムチェックのカバーが敷かれたテーブル席に座ってオムライスを食べていた。しかもキングスマン出演時の格好をしていて、ニューエラのキャップを被っている。

芋は「サミュエル・L・ジャクソンやんけ!そういえば、以前、夢で会ったな…ミスター・ガラスを観たこと、言っちゃおうかな〜」と思い、話しかけた。そこで目が覚めた。残念ながら、ミスター・ガラスは本当にいい作品だったってことを本人に伝えることは叶わなかった。

夢の中で「ちょっと前に夢の中で会ったな」という流れになってたのがやばい。しかもミスター・ガラスを見たのは現実なので、現実と夢がごっちゃになってる。寝ている芋の脳は、夢を現実と錯覚しているのか?そうなったらいつか脳がバグって、二度と起きられない気がする。怖い。

大抵、ひどい夢は二度寝している時に見る。心地よい夢を見ている最中に物音で起き、続きを見ようとして二度寝に入ったときが強烈な夢を見やすい。いや、寝なければいいんだけど…

戻りつつある生活習慣

あの地獄みたいな研修から2週間くらい経った。強制5時半起きの生活で染み付いた規則正しい生活習慣が、以前の典型的 クソ 大学生に戻りつつある。朝起きられない。4月からは遅くても6時半には起きないといけない。あーやだ。明日は早く起きるぞ。毎日8個目覚ましかけてるのになんで起きられないんだろう。