ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

木挽ブルーをロックで飲むのがうまい

この記事をシェアする

焼酎の美味しい飲み方講座

度数20度のロック

地元のスナックだとまずこれが出される、基本中の基本。キツイかと思いきや、全然そんなこたぁない。氷で冷やされた焼酎は水みたいに飲みやすい。

20度の焼酎が手に入るのはたぶん芋の地元だけ。県外に出ると、本当に見かけない。大体の人がロックかストレートで飲むので、25度だとキツイんだと思う。

緑茶割り

酒の苦味と緑茶の苦味が合わさって、ただのお茶になり、永遠に飲める謎の飲み物になる。なんだこれ。近くの漁師町に住む友だちから教えてもらった。そこらの人は、ロックよりも緑茶で割る方がメジャーらしい。生茶とかはもっとお茶っぽさが増すし、抹茶入りとかだとアルコールを感じなかった。本当に危ない。

飲んでほしい焼酎

木挽ブルー

一番好き。発売当初から地元では話題になった。スッキリとしてて、芋焼酎が苦手な人ほど挑戦してほしい。香りも甘みもあるし、どことなくフルーティ。

茜霧島

限定品。年に2回なのでちょっとレアかも。でも最近はいろんなとこで見かけるようになったような?黒霧島が一番有名だろうけど、断然こっちの方が好き。芋焼酎っぽくないくらい飲み口が軽い。でも香りが凄まじい。