ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

元バイトがモンベルの会員(有料)について解説します

この記事をシェアする

元バイト、芋です。
問題がありましたらご連絡ください。

全国的に展開しているmont-bellですが、お買い物に行かれると必ずと言っていいほど「モンベルクラブ会員」についてご案内されると思います。
あんまり買いに来ないし…とお断りする方も多いと思いますが、

  • どんな特典があるのか
  • どんな人が元を取れるのか

を解説します。

ここでは店頭でご案内している一番オーソドックスなメンバーズカードについて紹介します。

会員特典

ご案内時に説明される内容としては、

  1. 入会金なし
  2. 年会費 1,500円(税込)
  3. お買い物やイベントへの参加でポイントが貯まる(通常5%)(1ポイント=1円)
  4. 新規入会・更新時に500円分のポイントをプレゼント
  5. クレジット機能なし
  6. 自動更新なし(保有ポイントが1500ポイント以上の時のみ自動更新)
  7. 特典ガイド・会報誌・カタログをお届け
  8. オンラインショップ・店舗からの配送の送料が無料に
  9. フレンドエリア・ショップでのご優待

くらいでしょうか。結構盛りだくさんです。

注意すべきなのは、入会時に入会金はかからないけど初回年会費がかかるということです。1回目の更新以降は、ポイントで年会費を支払うことも可能ですが、新規入会のときだけは初回年会費として1,500円が別途必要になります。

4でも書きましたが、新規入会・更新時に500円分のポイントをプレゼントしています。ということで年会費は実質1,000円。更新後、タイムラグはありますが自動的に付与されます。

会員になるべき人

年間税抜20,000円以上のお買い物があって、今後1年間でのお買い物があと1回以上ある人

モンベルクラブ会員は、更新すればするほどポイント率が上がっていきます。モンベルでのお買い物に限って言えば、初年度は5%、2〜4年目は6%、…みたいな感じです(モンベルで取り扱っている保険や直営飲食店は少し率が違います)。

初めてお買い物をする人にとって、会員になるべき金額のボーダーは20,000円です。お買い物金額が20,000円を超え、なおかつ向こう1年間のうちに、またモンベルでお買い物がありそうな人は会員になっておくのがおすすめです。

考え方としては、こんな感じです。

税抜 20,000円のお買い物で貯まるポイント
=1000ポイント
新規入会時にプレゼントされるポイント
=500ポイント
→ 合わせて1500ポイントで初回年会費の1500円分が返ってくる

更新をしていくとポイント率が上がってくるので、年会費の元が取れるお買い物総額は変わってきます。ここでは新規で入会することを前提に、ポイント率を5%として計算しています。

春夏物のお買い物をした人で冬物ウェアの購入予定がある人は、入会しておくと後々お得になります。

オンラインショップ・配送サービスを使う人

モンベルでは店舗でお買い物をした商品を配送することができます。「プレゼントとして送りたい」はもちろん、「荷物が多くなってしまうから自宅に送ってほしい」もオッケーです。

会員になっていると、お買い物金額に関わらず送料無料で配送できます。なお、会員でなくても配送することはできますが、お買い物金額が10,000円以上でないと送料無料になりません。10,000円未満の場合は540円の送料がかかってしまいます。

どんな小物を買っても送料は無料になるので、お店が遠い人やオンラインショップを使う人は入っておくと便利です。

提携施設・サービスを利用する人

モンベルでは、メンバーズカードの提示で優待を受けることができる提携施設のことを「フレンドショップ」と呼んでいて、なんとその数全国に1,800ヶ所以上。このフレンドショップが集まった地域が「フレンドエリア」です。
以下のようなところで優待が受けられます。

  • 山小屋・宿泊施設
  • キャンプ場・スキー場
  • フェリー・レンタカー
  • ロープウエー

この他にもありますが、いろいろな施設でメンバーズカードを提示することによって割引特典を受けることができます。割引のほかにも、ちょっとしたプレゼントがもらえたり、ドリンクサービスがあったりと提携先によって異なります。

会員になった方には差し上げていますが、会員特典ガイドにすべてのフレンドショップが記載されたパンフレットがあります。お店に閲覧用やご案内用で準備されているので、今後どこかへ行かれる際に優待を受けたい場合は参考に見てみるといいかもしれません。行く予定の施設で受けられる優待と、その日のお買い物で得られるポイントと合わせると、初回年会費分と相殺できる場合があります。

以上に当てはまる人は会員になっても元が取れる場合がほとんどです。
さらに、自動更新ではないので、大きい買い物がある年だけ入会ということもできます。

今回は入会についてですが、更新についても別個で記事を書こうと思います。