ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

早起きは三文の徳

この記事をシェアする

アラーム音が可愛くない

8:18 遠くから「ビーッ…ビーッ…」と、微かなレーダー音がした。すると、膝の上に抱えたクラッチバッグが震え始めた。気付いた芋がiPhoneを取り出した時には、電車の中でレーダー音が爆音で鳴っていた。まさか車内でアラームを鳴らしてしまうとは…

初のモーニングをかます

9:51 頑張って早起きして、朝早く出たのには訳があった。

街中でモーニングを食べてみたい

早起きとは無縁な芋はもちろんモーニングにも無縁だ。朝の早い時間のうちに身支度を済ませ、お店に足を運べる余裕のある大人がそれぞれの席で朝刊を読みながらコーヒーを飲み、トーストを食べる、そんな空間に行ってみたかった。
実際に行ってみると、初老の紳士をはじめとする社交場のような雰囲気が漂っていて、コンバースのスニーカーで入店したことを即後悔した。店に入った当初は静かだったが、10時頃にもなると賑やかになってきた。

お店は地下にあるので外の光は全く入ってこない。でも、店内の柔らかい照明がいい雰囲気を演出してて最高だった。
食べたのは納豆のトースト。芋はこれにマヨネーズをかけてトーストで焼き上げるのが大好きだ。本当に好き。
これにミルクティーで優勝。月イチか週イチで行きたい。ハマりそうだ。

今月は映画月間

フリークス(1932)

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

かつて存在した見世物サーカス(グレイテストショーマンのモデルになった人がやってたやつ)に出ていたような、本物の身体障害者の芸人(フリークス)を起用した怪作。なんだか見たくなって、数年ぶりに視聴。
内容としては復讐劇。でも日常シーンはすごくゆったりとしていて、微笑ましさすらある。落差は凄まじい。
今でもヤバイのがわかる映画だけど、公開当初も批判が殺到したらしい。上映は30年間禁止され、監督は干されてしまったんだとか。この映画には健常者も出てくる。そんでもって身体障害者VS健常者という構図なので、人によってはきついかもしれない。