ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

芋は本を読んでいる

この記事をシェアする

久々に本を買った

11:34 寝床でぐうたらしていたら、チャイムが鳴ったので外に出た。ヤマトさんだ。この間購入した、髪を一時的に黒くするカラートリートメントと森見登美彦氏のムック本が届いた。

ナチュールバイタル カラーセーフ ヘアマスク ブラック

ナチュールバイタル カラーセーフ ヘアマスク ブラック

総特集 森見登美彦: 作家は机上で冒険する! (文藝別冊)

総特集 森見登美彦: 作家は机上で冒険する! (文藝別冊)

特に楽しみにしていたのはムック本で、ザーッと見ても読み応えしかないのがわかる。
なんというか、ゲームのガイドブックみたいに情報量が凄まじい。
もしかすると、森見登美彦氏の完全攻略データベースなのかもしれない。

本を買うのは久々で、直近だと御嶽海関が初優勝したときの大相撲ジャーナルと月刊相撲である。つまるところ、御嶽海関が優勝していなければ本を買ったのはもっと昔になっていたということである。

スポーツ報知 大相撲ジャーナル2018年8月号 名古屋場所決算号

スポーツ報知 大相撲ジャーナル2018年8月号 名古屋場所決算号

相撲 2018年 08 月号 名古屋場所総決算号 [雑誌]

相撲 2018年 08 月号 名古屋場所総決算号 [雑誌]

でもKindleは別

19:17 Kindleはよく読んでいる。iPhoneでもiPadでも使えるし、同期すれば読み進めたページも共有できる。カラーの方がいい雑誌なんかはiPadで読むが、文庫本だとか活字を読むスタイルの本はしばらく前に買ったKindle Paperwhiteで読んでいる。バックライトが付いておらず、夜でも目がチカチカしないのがとても良い。

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)

リンクを貼って気づいたけど、最新のは防水がついてるんだ…半身浴しながら読む人はいいかもしれない。 芋はそんなシャレオツなことはしないので3年前くらいのモデルで充分です。

電子書籍は本当に便利。引っ越しのときに痛感するが、本は重い。そしてかさばる。文庫本だけならまだしも、ハードカバーの本がごろごろしていると痛い目を見る。本棚なんてあるともっと大変。そこで芋は思い入れのある本以外はほとんど処分し、Kindleで書籍を漁るようになった。
そういえばカズレーザーが実践している本の扱い方が興味深かった。

読んだ本は処分し、また読みたくなったら買う。
また購入することで作者に印税が入る。

これはなるほどな〜って思った。この話を聞いて以降、芋は中古でゲームを買わなくなった。やはり作った人に還元されてほしい。
電子書籍だと売ることはできないし、中古本という概念もない。運営会社が潰れてしまったら読むことが困難になることも考えられる。電子書籍の全てがいいという訳ではないので、買い分けをしていきたい。本屋に行ってあれやこれや見るのも好きだし。

今月は映画月間

22:12 今日観たのは遊星からの物体X


1982年の映画とは思えない。もちろんCGなし。
ジャケットと邦題のキャッチーさのせいで被害者が多いかもしれないが、お茶の間が凍りつく恐れのある映画である。南極が舞台だし。
SFだけど、一応ホラーにも分類されるみたい。
ホラーにありがちなのが誰得なスケベなシーンであるが、この映画にはおっさんしか出てこないのでそこは安心していい。
いつまで経っても色褪せない名作。語り継がれるだけある…