ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

人生はうまくいってほしい

この記事をシェアする

働くモチベがもはやマイナス

21:57 今日は荒れていた。10時に起き、30分まで電気毛布にくるまり、ご飯も食べず、水も飲まず、歯磨きだけしてズボンを履いて眉毛を書いた。昨日食べ損ねて乾いてしまった納豆レモンパスタを尻目にいそいそと準備をした。今日は鼻の荒れ方が尋常ではなく、化粧で隠そうという気が起こらなかった。コメドが本当に憎い。どうしてできる?殺菌作用のある化粧水を使ったし、泥パックもしたのに。時々酵素洗顔もしてるのに。これからピーリングしよっと。

で、普段なら眉毛だけ書いたすっぴんをさらけ出して接客をするが、今回は訳が違う。鼻がやばい。荒れているのが鼻でよかった。マスクで隠せるから。出勤時間のギリギリにドラッグストアでマスクを買った。パートさんからは「風邪引いたの?」と聞かれたけど、正直に答えずに「専守防衛」とだけ答えておいた。肌荒れはちょっと恥ずかしい。

奢らない教授

23:18 以前、ゼミのメンバーと教授でサイゼに行ったことがある。サイゼは芋の発案である。というのも、それより前にカツ丼屋さんや飲み屋さんにも行ったのだが、その時に微塵も「奢る」ことをしなかったのである。そこで、どのレベルなら奢るのが確かめてみようと思ってサイゼを提案した。(サイゼに行ったことがないということにした)

サイゼは4人各々一品ずつ頼んだ。それぞれ400-600円くらいである。一品ずつっていうのも今考えたら寂しすぎる。で、食べた後の会計。お、教授が払った!!でも嫌そう…その後、「珈琲屋さんに行こう、そこで奢って」…結局教授は奢らなかった。

芋はふるさと納税に詳しい。ふるさと納税の諸々についてゼミ室で調べていると、教授がふいに「俺は、14万円くらい納税できるのかなぁ…ちょっと調べてみてよ」と言い出した。納税できる金額の目安は総務省のポータルサイトのほか、ふるさと納税総合サイトなどで調べることができる。

納税できる金額が14万円のところを見ると、年収1,000万円と書かれていた。

芋「年収1,000万円なら14万円ですね〜」

教授「あぁ、やっぱりそうなんだ」

芋「( •̅_•̅ )」

30日、ゼミの身内だけでの卒論発表会の後、打ち上げがある。この教授、全く奢らないのにやたらと飲み会をしたがる。チッ。