ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

頭がハッピーセット

この記事をシェアする

とにかく二度寝をやめたい

10:36 三度寝くらいしてしまった。「まだいける!」の繰り返しである。いつもギリギリのところにいるが何食わぬ顔をしてゆらゆらと生きている。今までなんとか間に合ってきた。一度痛い目を見ないと治らないんだろうな。

マック事件譚

14:44 バイト休憩にマックでお昼。dポイントを使われてしまい、iD支払いができなくなり、現金のみの支払いしかできませんと言われ、iPhoneXSに機種変して以降財布を持ち歩いていない芋は窮地に立たされた。ポイント返還やレジの打ち直しなどで、フィレオフィッシュのセットにありつくのに10分近くもかかった。
今食べているが、トレーの色が普通のと明らかに違う。めっちゃ緑。「こいつは悪質な客だ、気をつけろ」というスタッフ間だけで通じる符号なのだろうか。もしかして、ハッピーセット用?「手こずらせやがって!フィレオフィッシュ食ってるのにトレーはハッピーセット用とかいう恥、晒せ!」という意思表示なのかもしれない。怖っ。
このショッピングモールは滅多に来るようなところではなくバイトのために来ているし、最寄りのマックは徒歩で7,8分のところにある。バイトはそろそろ辞めるのでここでいくら要注意人物 (とは言ってもレジの人の過失割合の方が大きい気がする)と言われても、ここにもう用はない。いくらでも言うがいい。

誤解だった

20:51

ハッピーセットのおもちゃからうまれたトレーらしい。ちょっぴりレアなんだとか。
たしかに、怒りと畏れで震える芋がフードコートを見渡すと、いつものえんじ色のトレーばかりだった。そのときは「やはり!やはりハッピーセットのトレーであったか!」とさらに震えた。しかもトレーにはニッコリマークと「ぼくはハッピーセットのオモチャから、うまれたよ!」という一文が添えられている。
上に敷かれる紙と一緒に空になったポテトとフィレオフィッシュの箱を捨てた時、その文面は露わになった。「ハッピーセット!ハッピーセット!このトレーはやはりハッピーセット!」あまりの恥ずかしさに何が何だかわからなくなった。 ほんとはそういうことではないということがわかり、マックの店員さんへの誤解もとけた。でももうそのマック行かない!!!!!