ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

芋はハイブランドを纏っても良いのか

この記事をシェアする

芋とブランド

10:34 芋はブランド物を持っていない。ライセンス商品のような財布は持っている(こないだ買ったばっかり)が、正真正銘のブランドものは持っていない。でもわかるっちゃわかる。商店街や電車などいろんなところで「あっ、あれ、〇〇だ」とか「〇〇持ってる、スゲー」など勝手な感想を頭の中で抱いている。
今も電車のボックス席で隣に座ったフェミニンな女性がコーチのカバンを持っている。あっ、どこかに行った。昔はコーチを高級ブランドだと思ってた。けど、デパートという場所に行くと案外そうじゃないことがわかる。カルティエやグッチなど、目を剥くくらいの価格を誇るハイブランドがごろごろしていた。大学進学で田舎から出てきただけなのに、いろいろと世界が違うことをまざまざと見せつけられた。(芋の地元にはデパートはなく、小さいジャスコがある。デパートに行くには2時間くらい車を走らせないといけない。 それでもデパートには行かず、大きいジャスコに行っていたので、大学生になって初めてデパートに足を踏み入れた。これも芋たる所以である。 )

楽天カードマン

15:32 クレジットカードも大学進学を機に持つようになった。もちろん学生なので、持てるものは限られている。まずはじめに楽天カードを作った。次にアマゾンカードとイオンカード。バイクローンを組んだときについてきたオリコカード。最近になって、デパートでお化粧品を買うようになったのでそのデパートのカードも作った。それからドコモのカードも。でもそのカードたちに権威などなにもない。学生でも持てるカードは誰でも作れるカードなので、特典がすごいとか見せるだけで庶民がひれ伏すとかいうものでもない。今はゴールドカードを持つのにそこまで苦労しないみたいだが、持つのに苦労するカードはそこそこある。

クレジットカードを見てしまう

芋は小売のバイトをしていて、レジを打つ。クレジットカードはお客様から頂いて、こちらのレジでスリットするシステムになっている。よってこちらでカードを確認する機会に恵まれている。
先ほど、見慣れない黒いカードを受け取った。レクサスカードだ。黒いからブラックかと思ったら思いっきりプラチナと書かれていたので少し安心した。
時々、アメックスのゴールドは見かける。ゴールドカードでいえば三井住友、dカードとかも見る。だいたいそんな感じ。
ほとんどの人はイオンカード、楽天カードで決済していく。時々、利用額が上限に達しているカードを何枚も持っている人もいる。(レジでスリットしたときに上限エラーで弾かれてしまうが上限エラーとは言わず、「申し訳ありません、このカードはいま使えないみたいです…」とか「エラーが出ちゃって…」とかを小声で言っている。)
トヨタのカードを持っていれば「あぁ、トヨタ車に乗ってる人なんだな」、dカードを持っていれば「あぁ、ドコモユーザーなんだな」、オリコのライダーズアシストカードを持っていれば「あぁ、バイクに乗ってるんだな、しかもローンで買ったんだな」などなど、カードだけでもわかることが多い。もちろんカードで差別することはないけど、いろいろとわかっておもしろい。