ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

歳をとるということ

この記事をシェアする

人の誕生日を覚えている人

16:33 ふとした瞬間に人の誕生日を意識することがある。数日前に気づくので当日までソワソワしていて、朝起きてまず最初に今日は〇〇の誕生日だ、となる。この〇〇だが、実は親しい人ではない。幼稚園や小学校で知り合い、進路が分かれて以降連絡を取り合っていない疎遠な元・友人たちだ。
今日、1月20日は小学校1年1組で友だちになったKちゃんの誕生日だ。中学校で離れて以来、何をしているのか全く知らない。芋は小心者のため、Facebookで検索することすらしないのだ。

「誕生日は今日じゃないでしょ」

中学生の頃の話。Kくんという幼稚園でも一緒だった男の子がいた。9月か10月頃だろうか、昼休みの時間に教室でおしゃべりをしていると、「今日誕生日だからプレゼントちょうだい!」とKくんが言い出した。周りの人たちが「そうなんだ〜」「今日なんだ〜」とかなんとか言っていたけど、芋は違った。
「え、誕生日は今日じゃないでしょ」
「12月9日でしょ」
恐怖だったと思う。特段仲が良いというわけではないし、Kくん本人も冗談で言ったのに急に「違うでしょ」と言われたら恐怖だったと思う。「なんで知ってるの」と驚かれたが、そのときに初めて「あ、これはちょっとおかしいんだ」と気づいた。おかしいというのは、人の誕生日を覚えていることそのものではなく、覚えているからと言ってむやみに本人に言ってしまうことに対してである。幼稚園のときに天井付近の壁に貼られていたみんなの誕生日を見て覚えていたからといっていきなり言うのは流石に怖い。余談だがKくんの家はとてもお金持ちだったのでどうしてプレゼントをせびるんだろうとその当時、不思議に思っていたし今でも不思議に思っている。もっと不思議なのは貼り出されてあった紙にはみんなの誕生日が書かれていたのにKくんの誕生日しか覚えていないということだ。

忘れたい誕生日もある

たとえば昔付き合ってた人とかね…ふとした瞬間に思い出してしまって…いや別に未練があるとかそういうわけじゃないんだけど…(完)

今日の大相撲は天覧相撲

大相撲初場所中日、今日は天覧相撲というわけで天皇皇后両陛下がいらっしゃっている。贔屓の力士は休場しているが、その人のほかにも好きな力士は沢山いるので、地上波での放送が始まる前からBSで観て応援している。もう4年ほど見ているので、数多くの力士の番付がかなり上がって活躍しているのを見ると本当に嬉しくなる。というか、もう4年も見ているのか。もっと前にも見てた…けど?…昔付き合っていた人のお母さんが相撲が好きで、家に遊びに行った時に一緒にテレビを見たことが…アァ…アァァ…