ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

連休という概念

この記事をシェアする

今月初めての2連休

午前9:58 今日と明日はバイトが休みだ。

就活への影響

起きてまだ動く気にならないのでもう少し書く。

就活を考え出した4年生の春(遅い)に、とある確固たる信念が腹の中にそびえ立った。

絶対に完全週休二日制の職に就きたい

土日は休みで然りなのだ。カレンダーの色も青と赤で特別だ。連休とかそういうチャチいものではなく、土日はセットで休日なのだ。とにかく「休日」こそが人を人たらしめるという考えに至ったのは間違いなくバイトのおかげだ。ワークライフバランスだとか働き方改革だとか、近年流行のアレを体感しているので、やりがいなんぞで職を選びたくない。大事なのは休日だ。

芋は無事に完全週休二日制の企業から内定を頂いたので、10連休はおそらくそのまま貰える。今のところ、未来は少しだけ明るい。

休みの日は買い物に行く日

午後2:46 まだ布団から出ていない。いや、嘘。ハヤシライスをよそいに一度出た。そして布団にくるまったままハヤシライスを食べた。

今回はヤクルトを買いに行く。毎日飲んでいるのでそろそろヤクルトお姉さんに頼んだ方がいいような気もしている。ヤクルトといえば、芋はヤクルトのフタを開けるのがとても下手だ。でも最近うまくなってきた。よしよし。

外に出るということ

15:00 外に出た。今日は風が冷たい。やる気のない外出時にはすっぴんだ。なぜか? 化粧品は消耗品でお金がかかる。そしてお化粧は服と違って、外出時の人としての義務ではないはず。したがってお化粧をせずに外出することが度々あるし、それは許されたいと思っている。[証明終了]

1日の終わりに

18:22 休みの日にすっきり1日が終わることは珍しい。大抵モヤモヤしている。あんなことやこんなこと、もしかしたらできたんじゃないか…って。でも休みの日は大体そんなもんで、それこそが休日な気がしている。でも芋の場合は明日も休みだからという理由でかなりだらけた。明日こそは、いい休日にしたい。まずは昼前に起きるのをやめる。やめたい…