ひんだれた芋ログ

日記のコピペ

バイトに蹂躙される芋

この記事をシェアする

悲喜こもごも

午前10:36 今からバイト。二度寝をかました。朝から、

  • 大瀬良くんの結婚
  • 稀勢の里の引退

を知って情緒が不安定だ。大瀬良くんはめでたいんだけど、稀勢の里引退は…初場所3日目を終えてみて、正直もう限界なのかもしれないって思ってたから、驚きはしないんだけど、遂にか〜と残念な感じ。名横綱ではないんだろうけど、語り継がれる横綱になるはず。

生のキセノンを見たのはまだ大関の頃だった。四大関・三横綱だったときの巡業。まだまだ見たかった。大関時代の手形はずっと宝物にしておこう。

このあとっていつ?

午後2:19 バイト休憩。どうやら午後からキセノンが会見をするみたいだ。ニュース番組はテロップに「このあと」って書いてるけど、一向に始まる気配がない。

大晦日の格闘技特番もメインの対戦カードの煽りVを流したり、「このあとすぐ」とか言ったり、とにかく視聴者を番組に縛りつけようとする。結局、1時間とか2時間とか、とにかく待たされる。まだ、まだ始まらない。休憩が終わってしまう。

このあとは3時半頃だった

午後8:29 あんなに待ったのに、会見が始まったのは3時半頃で、バックルームでスマホをチラ見して発覚した。NHKの速報をザーッと読んで、売り場へ戻ってかいつまんだ会見の内容を反芻していた。一片の悔いもないとは、キセノン、本当かい…?しかし引退してしまったものはもうしょうがない、親方としてのキセノンの今後が楽しみである。

学生バイト戦士としての最期

午後10:18 4月から社会人なので、バイトをそろぼち辞める。内定先の研修もあるので、具体的には1月末まで働く。ということで芋はいま、学生バイト戦士として最後の 1ヶ月を過ごしている。長いようで短い3年半だった。それにしても、4連勤でヒィヒィ言っているので、5連勤が当たり前になる社会人のことは本当に尊敬している。早起きしてるのもすごい。今はとにかく配属先が近所になることを祈るばかりである。